ニュース

  • 2017.5.22

    Moodleとの成績連携にゲーム型クラウド教育サービス「シンプラZ」が対応
    研究倫理をテーマにした教材も新たに追加

    NANAROQ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:佐々木 慈和、以下 NANAROQ)は、こだまリサーチ株式会社(本社:札幌市中央区、代表取締役:吉澤 慶記、以下 こだまリサーチ)と共同でゲーム型クラウド教育サービス「シンプラZ」と学習管理システム「Moodle(ムードル)」*¹との成績連携に対応するプラグインモジュールを開発しました。これにより「シンプラZアカデミック版」(以下、本サービス)をMoodleとの認証連携から受講後の成績連携まで対応したサービスとして、新たに2017年5月より提供を開始しました。
    また、九州大学サイバーセキュリティセンター長 岡村耕二教授監修の「研究倫理」をテーマとした教材の提供も開始します。

    NANAROQが提供する「シンプラZ」はゲーム感覚でコンプライアンスや情報セキュリティを学ぶクラウド教育サービスです。これまでMoodleとの認証連携に対応していましたが、成績管理は「シンプラZ」独自システムによるものでした。今回、管理者の更なる利便性向上のため、「シンプラZ」から成績をMoodleへ返信し学習結果の履歴保持が Moodle 上でできる、成績連携のプラグインモジュールをこだまリサーチと共同で開発しました。このプラグインモジュールを利用することで、Moodle上で「シンプラZ」の教材設定から成績管理までを実施できるようになります。

    今回の発表に先立ち、九州大学において情報セキュリティに関する講義の副教材として本サービスをご利用いただきました。管理者として大きな負担が増えることなく教材を利用・成績管理ができることを実感いただき、受講した学生からも親しみやすく取り組みやすい教材であると好評をいただいています。

    さらに、九州大学サイバーセキュリティセンター長 岡村耕二教授監修のもと、近年大学において指導が求められている「研究倫理」をテーマにした教材を開発、提供を開始しました。正しい研究倫理を身につける契機を与える教材として、どの高等教育機関においても有用な教材です。

    NANAROQは、本サービスの更なる市場拡大を目指し、今後も新しいテーマの教材追加やShibboleth対応などによるシームレスな認証連携等、機能向上を目指してまいります。

    <本リリースに関するエンドースメント>
    九州大学 サイバーセキュリティセンター長 岡村耕二様
    昨年11月の認証連携に続いて、成績情報の連携までを機能した「シンプラZアカデミック版」のリリースを歓迎したいと思います。管理運用の面で大学側の負担の低減にも役立つことを期待しています。メーカーとしてこのような製品進化に対しての柔軟さを維持していただけることは、今後の製品への期待も膨らんでいきます。大学の授業の副教材として、学生の隙間時間を利用して学習の定着が図れるこのような製品は様々に使い道があると考えています。予定されている「研究倫理」をはじめとする多様な分野へのコンテンツの広がりやアンケート機能など、今後の充足に期待しています。

    こだまリサーチ株式会社 代表取締役 吉澤慶記様
    Moodleとの連携が一段と強化された「シンプラZアカデミック版」は、従来よりとても使いやすく、教育現場に受け入られやすく進化したように思います。今後ますますコンテンツを充実し、様々な教育機関のニーズに対応してゆくことを期待しております。

    <価格>
    プラグインモジュール利用料(初年度)  :300,000円(税別)
                (次年度以降) :120,000円(税別)
    シンプラZアカデミック版利用料(100ユーザー毎/1年間):60,000円(税別)

    *¹「Moodle(ムードル)」:オープンソースの学習管理システムです。
    商標「Moodle」は「Moodle」の創業者兼開発責任者であるマーティン・ドゥギアマスが所有しています。

    <詳細・申込み>
    シンプラZアカデミック版 http://shimplaz.nanaroq.com/academic.html

NANAROQ NEWS一覧へ

pagetop